Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kurond1021.blog9.fc2.com/tb.php/578-17372f7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

果てなき夢を目指し彼らはやり遂げた…

昨日、シュタゲクリアしました!

ネタバレ含みますのでアニメを見ていらしている方は

続きを見ることはしないほうがいいっす。

続きから感想^^
面白すぎました。三日間、僕はパソコンの前を動いたのは

飯風呂トイレ睡眠の4つ以外ありませんでした。それほど、面白かったです。


最初はどういう風にルート分岐していくのかなと思いましたが、ルートというより

エンドというほうが正しいですね。各エンドの感想。


鈴羽エンド

サイクリング行ってタイムリープマシンが完成するのかな?と思いましたが

アトラクタフィールド理論により、タイムリープマシンが完成することは

α世界線において確定したことという解釈でおkなのかな。


永遠と同じ二日間を繰り返す。鈴羽の思いもまゆりも犠牲にしないために。

そこでオカリンはさまざまな人間として普通な感情に憑りつかれていくわけですが、

鈴羽がオカリンはタイムリープマシンにより、永遠に同じ二日間をループしていることに

気づく。そして、二人で1975年だったけ?に飛ぶというラスト。

続きが気になりましたが、無事IBN5100を手に入れて

ほしいと願うばかりです。


フェイリスエンド

ちょうど今週のアニメがここだったわけですが、

ラスト、ダイバージェンスメーターが0を表示してない、

まゆりが死なない、フェイリスパパも死なない、いうなればγ世界線に

行ったという解釈でおkなのでしょうか?

つまり、オカリンが知らないこの世界線での過去は

ラボがなく、雷ネットをしまくってフェイリスといい勝負するほどの

雷ネットユーザーになり認められてパートナーになり恋人になった。

自分的には厨2病なカードゲームしてる大学生になっているという解釈なんですが。

雷ネットがいつごろからあるカードゲームなのかは記述があったか忘れてしまいましたが、

世界中に広まっているということから遊戯くらいは歴史があると見ていい。

子供のころからやっていたのかというの推測にしかなりませんが。

最初のオカリンが観測したのは紅莉栖が倒れていてなおかつ、

赤いものが周りにあるということだけなので死んだことまで観測してない。

そして、中鉢博士の会見に行く理由がない=目撃しない。つまり紅莉栖も死なない。

まったく矛盾がないと感心させられました。見落としあるかもしれないので

指摘とかあればぜひ^^


ルカ子エンド

アッー! がしきりに出てきて、オカリンが告白されてタイムリープマシンを

使って過去に逃げるとかただのネタか! と思いましたが、

二人の思いを犠牲にして、もう三人目を犠牲にする心が持てなかったオカリン。

タイムリープマシンはあるが、自分ができない状態になってしまったため

まゆりの死を受け入れるというものでしたが、二人でまゆりの死を

受け入れて生きていく。こうなってしまう可能性も確かにあると思いました。

世界線は無限にありますしね。ルカ子がタイムリープマシンを使って

まゆりのコスプレするという願いを叶えた。

最後のまゆりとルカ子とオカリン3人の写真が

映ってるシーンとか普通に感動してしまいました。最後に赤ちゃんまで

できたのはビックリしましたが^^;



まゆりエンド

まゆりと紅莉栖、どっちかを選ぶしかないというオカリンからすれば究極の選択。

何度も何度も、α世界線でまゆりを助けようとするが、結局まゆりの死は

世界が確定したことで収束してしまう。独善的でなんていられるか!

が結構頭に残ってます。最後は紅莉栖が幸せになりなさいと言って

β世界線に飛びますが、リーディングシュタイナーは誰もが持っている。

そしてまゆりも例外ではなく、この言葉をβ世界線でも覚えていたとか

そういうくだりは結構ぐっときました。役に立てたとか重荷になんて

感じたことなんてないとかそういうくだろもっと書きたいですが、

うまくまとまらない^^;


紅莉栖エンド

紅莉栖エンドなのになんで助からないんだよ!と思いました。

TUREで助かったのでよかったですが。最後のエンター押すとき、

止めるかと思いましたが、そのまま押して、岡部のことが

で言葉が切れて…。まゆりエンドでもありましたが、ラボメンナンバー004

は誰か覚えているかとまゆりとダルに言うくだりとかもぐっときました。


TUREエンド

α世界線では第3次世界大戦が起こってしまうということで25年後から

鈴羽がくるわけですが、ほんとにどんでん返しというか、そういうことか!という

ラストの収束感が半端なかったです。スカイクラッドの観測者が流れた

あたりから、鳥肌止まんなくて、ムービーメールのくだりとか

ほんとすべてがまじですごかった。アトラクタフィールドの狭間の

未知の世界線、シュタインズゲートでの最後に紅莉栖とすれ違って

やっと会えたのところは涙半端なかったです><


とまぁ、話を流れを書いて印象的なシーンとか言葉を書いて、

若干解釈を書いてとほんとにただの感想でした。

自己満に付き合ってくれた方ほんとに感謝です。

シュタゲ買ってほんとによかった!では^^


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kurond1021.blog9.fc2.com/tb.php/578-17372f7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ステルス刹那

Author:ステルス刹那
生息地 新潟県

出没  ゲーム館ビート

属性 にわか眼鏡ゲーマー
   (美少女ゲーム)

Twitter setsuna1021

skype setsuna941021

よろしくお願いします

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。